こんにちは、杉本です。

コンバースの輸入(自身での利用を目的としているもの)がとても大変ってご存知ですか?

実はこれはものすごい特殊なケースで、本来であれば簡単なはずの輸入が、コンバースだけは商標権・知的財産権の関係で輸入が厳しく制限されています。

個人で使うとしてもすごく大変なので、販売は輸入禁止品と同じような規制があるため非常に難しいです。

本日はその辺りを実際に日本へ輸出した経験を通じて解説したいと思います!

コンバースのスニーカーはなぜ輸入禁止なの?

コンバースの公式ホームページを見ると、

CONVERSEシューズの輸入に関する件

2011年8月
今般、東京税関において、CONVERSEシューズに関する輸入差止申立てが受理されました。
これにより、今後全国の税関においてCONVERSEシューズの輸入は差し止めの対象となりますのでご注意いただきますようお願い申し上げます。
なお、知財高裁平成22年4月27日判決によって確定しておりますとおり、日本国内の商標権者による許諾を得ていない、海外のCONVERSE商品の輸入に関しましても、日本国内の商標権を侵害することになります。
私共は、今後も引き続き、CONVERSEブランドの維持・発展のために、必要な措置を講じていく所存です。
コンバースジャパン株式会社
コンバースフットウェア株式会社

という記載があります。

本来であれば、偽物ではない真正品であれば輸入しても何も問題はないというのが輸入の一般的な原則です。

そんな中で国を上げてコンバースのスニーカーだけ特例として輸入差し止めしている理由は何故なのでしょうか?

これには商標権という法律が絡んでいます。

コンバースの場合は、商標権がアメリカはコンバース社が持っていて、日本は伊藤忠商事が持っているという珍しいケースです。

一言で言えば、アメリカの商標権を持つコンバースを輸入するということは、伊藤忠商事が持っている日本の商標権を侵害するということになるわけです。

まぁ、よく分からないですよね。笑

ただ、実際の例として、アメリカのコンバースのスニーカーを並行輸入していた会社が、伊藤忠商事に訴えられた結果、上記にも記載しましたが「商標権侵害にあたる」という判決が出たため、現在のような特殊なケースとなっています。

そんな事例があるため、アメリカの運送会社はコンバースの輸出はたとえ1つの個人輸入だったとしても難しいとなってしまうわけですね。

コンバースのスニーカーが輸入できるか試してみた!

では、果たして本当に輸出が不可能なのか、今回はお客様にこれらの理由を説明した上で、ご依頼を受けましたので結果をご報告したいと思います。

今回のご依頼はご自身で利用される目的の2足の輸入となっています。

以前に1足だけ送った時は何も問題ありませんでしたが、2足となると「販売目的」と思われる可能性があります。

ちょっと心配しながら送ったのですが、結果は何事もなく無事に通関できました!

運送会社からは、「個人使用ならさすがに大丈夫だと思うけど、差し止めをされて必要書類の提出を求められる可能性もあるよ!」と言うことでしたが2足であれば問題ないようです。

3足、4足となるとちょっと厳しいと思うので、送る場合は2足ずつにした方が良いかもしれません。

没収される可能性はないとは思いますが、必要書類を求められるケースはそれなりにあるようです。

没収の責任までは負えませんが、それでも購入したいという方はぜひご依頼くださいね。

コンバースのスニーカーの輸入は十分に注意しよう!

以上、コンバースのスニーカーに関する記事はいかがでしたか?

1〜2足であれば問題ないけど、3〜4足とかになると難しい気がするというのが今回の結論です。

コンバースだけは他の製品と違ってだいぶルールが厳しいので、アメリカで買って日本に持ち込む際はくれぐれもお気を付けくださいね。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムもやっていますので、よかったらよろしくお願いいたします!

また、公式ラインアカウントでは定期的にお得なクーポンやイベントの情報をお届けさせていただいておりますので、こちらもよろしかったら是非!

それではまた次回の記事をお楽しみに〜