日本にいるとなかなか気付かないかもしれませんが、実は日本からアクセスできない海外通販サイトは数多くあります。

海外で買った方が安いからそのサイトにアクセスしたいのに、何度試しても日本のサイトにリダイレクトされてしまった経験はありませんか?

ハイジャパンでよくお問い合わせいただくアメリカのブランドではコーチやアバクロ、ラルフローレンなどがそのタイプのサイトで、これらのブランドは自社の価値を守るために日本からのアクセスを規制しています。

簡単に言うと、日本での販売価格の方が高いから海外で買われると困ると言うことですね。笑

最近はこれらの対策をする企業が多くなってきましたが、同時に多くの抜け穴も存在しています。

そこで本日は、日本からアクセスができないサイトを見れるようにする方法とそのサイトから実際に商品を買う裏技についてご紹介したいと思います。

価格の違いを大暴露

本当はたくさんの人に見てもらった方が嬉しいサイトを、あえて多額のコストをかけてアクセスできないようにする理由。

それを実際にコーチを例に挙げて解説したいと思います。

こちらの画像は同じ型番の同じ商品で、左側が日本のアウトレットでの価格、右側がアメリカのアウトレットでの価格です。

見て分かる通り、単純に2倍程度の価格差があります。

もし日本の方がアメリカのサイトにアクセスできたとしたら、誰も日本のサイトからは買わなくなるはずです。

そうすると日本での価格がアメリカの市場価格まで下がることになり、日本で資本提携している会社さんに大打撃を与えてしまうことに。。。

本当は全世界で販売価格を統一すれば良いのですが、会社を大きくするために業務提携をしていたり、各国での契約があったりなかなか思うようには行かないのがビジネスなのだと思います。笑

IPアドレスを変更すればアクセスはできる

では、どうやって日本から海外のサイトにアクセスするのか?

結論を言ってしまうと、グローバルIPアドレスというパソコン版の住所みたいなものをその国ものに変更すれば良いです。

なんか偽装のような感じではありますが、違法ではありませんのでご安心ください。

「どこの国から来ましたか?」と言われた時に、「日本から来ました」と答えたら「では日本のお店から買ってくださいね」ということになりますよね?

なので、「アメリカから来ました」と言って「ではアメリカのショップをご利用くださいね」と言う方向にさせるわけです。

その証明としてIPアドレスを利用します。

ただこのIPアドレス、以下で詳細を解説しますが変更することは結構大変です。

ブラウザ(Internet ExplorerやGoogle Chromeなど)のプラグインを使う方法やVPN接続と言って仮想の専用線を作って通信する方法などがありますが、無料のものだと制限があったり機能が少なかったりであまり使い物になりません。

ある程度しっかり使いたい場合は有料VPN接続ツールが必要になります。

1度だけの利用とかであれば無料の方法でもいいと思いますが、導入してもまだアクセスできないサイトがあったりするので個人的にはおすすめではありません。

しかもアクセスできたとしても、日本のクレジットカードが使えなかったり、日本の住所には発送できないことが起こったりしますからね。笑

以下のものはこれらのツールの中でおすすめのものを3つまとめました。

browserling

ブラウザ表示を確認するためのツールです。

閲覧したいサイトのURLを検索窓に入力するだけでそのページを見ることができます。

その際に自分のIPアドレスを使わないため、自由に海外サイトを見ることができます。

5分間しか無料では見られませんが、ツールとしてはかなり優秀です!

Hotspot Shield

IPアドレスを変更できる最も有名なプラグイン。

Google Chrome専用の拡張機能なので、普段のインターネット検索をそのままする感じでストレスなくサイトを見ることができます。

無料期間も7日間あり、機能も全て利用できます。

ただ、スマートフォンには対応していません。

継続的に海外のサイトを見れる必要がなければ十分な性能だと思います。

MillenVPN

月額1000円以下の低価格で高機能なツールです。

VPN接続というのはどうしてもセキュリティが不安な接続方法なのですが、こちらのツールは安全性が高いと言われています。

接続速度も高速で安定しています。

有料ではありますが、自由に海外サイトにアクセスをしたい場合は最もおすすめのツールです。

最も簡単に海外サイトの商品を購入する方法

上記でグローバルIPアドレスを変更する方法やツールに関して説明しましたが、意外とややこしくなかったですか?

実はスマホだともっと厄介です。

そこで1番簡単な方法の解説なのですが、それは「そのエリアにあるお買い物代行サービスを利用する」ことです。

私も旅バイヤーをしていた時に、「現地に買い物を代行してくれる人がいたらいいのにな〜」といつも思っていました。

それが理由で、私たちのサービスがスタートしたんですけどね。笑

例えば上記でお話した財布を例に取ってみます。

  • 日本のアウトレットから購入した場合
    商品代金:18095円、送料:無料=支払い金額:18095円
  • アメリカのアウトレットから購入した場合($1=100円計算)
    商品代金:8750円、送料:4000円=支払い金額:12750円
  • お買い物代行サービスを利用した場合($1=100円計算)
    商品代金:8750円、手数料:3000円、送料:2200円=支払い金額:13950円

コーチは日本への配送をしていないので、最も事例が多いUSPS(アメリカの郵便局)のスモールサイズのフラットレートボックス($36.5+税)を利用したと想定します。

例えばハワイ在住のお友達がコーチで買ってくれたとして、特にトラブルもなく、お礼も必要ないと言われたとしても、その金額は私たちのフルサービスと1000円程度の差額のみです。

そうすると、アクセス規制を突破するためにお金を払い、お友達に買い物してもらって、国際発送してもらうメリットってあまりないですよね。

自分でネット購入したとしても、クレジットカードの海外手数料が高かったり、国際送料の手間賃が追加で請求されたり、初期不良の対応をしてもらえなかったりします。

それがプロの業者であれば、初期不良などのトラブルを未然に防ぎ、物量が多いことからお得な送料で送ることができ、USPSのように商品を投げて壊すこと(壊れ物と書いても普通に投げます)もありません。

ということで、まとめが個人で手配するよりも私たちのサービスの方がいいですよという宣伝となってしまいましたね。笑

サイトにアクセスできなくても問題なし

以上、日本からアクセス制限されている海外サイトの商品を購入する方法を解説させていただきました。

私たちのサービスはアメリカ本土やハワイが中心ですが、転送やお買い物の代行サービスは世界中にあります。

ヨーロッパのブランドであればヨーロッパで買った方が安いので、そのエリアにある代行サービスを利用されると良いと思います。

インターネットの技術が発達したことで、以前のように危ない取引をしなくても海外の製品が買えるようになっています。

依然として価格差の大きい海外商品をぜひお得に手に入れてくださいね。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムもやっていますので、よかったらよろしくお願いいたします!

また、公式ラインアカウントでは定期的にお得なクーポンやイベントの情報をお届けさせていただいておりますので、こちらもよろしかったら是非!

それではまた次回の記事をお楽しみに〜