輸入が規制されている品目一覧

条例や法律によって輸入が規制されている品目

※こちらのページで紹介している商品に関しては、個数や量に輸入制限があるものとなります。制限を超えて1度に多くの商品を輸入する場合は各種検査が必要になります。当サービスでは、商用輸入などに必要な検査のコンサルティングはさせていただきますが、検査の代行はいたしかねます。

「食品衛生法」によって輸入が規制されているもの

カテゴリー 備考 商品例
食料・飲料 食品衛生法 口に含むすべての輸入食品・飲料
食器全般 食品衛生法 スプーン、お皿、マグカップ、コップ、箸、水筒、etc
調理器具全般 食品衛生法 鍋、フライパン、トング、コーヒーメーカー、ポッド、etc
おもちゃ(対象:6歳未満) 食品衛生法 おしゃぶり、積み木、人形、粘土、風船、etc

※食品衛生法に関わる商品の輸入は1回の配送で10kgまでの制限があります。また使用の用途は個人使用に限り、法人向け(販売目的)の輸入はできません。制限を超えての輸入、商用の輸入をする場合は事前に弊社まで食品輸入届出書を提出していただく必要があります。

「薬事法」によって輸入が規制されているもの

カテゴリー 備考 商品例
家庭医療品 薬事法 マッサージ器具、心拍計、目薬、コンタクトレンズ、サングラス、etc
サプリメント 薬事法 フィッシュオイル、マルチビタミン、プロテイン、アサイパウダー、etc
医薬品、医薬部外品 薬事法 薬、錠剤、漢方薬、育毛剤、発毛剤、etc
化粧品 薬事法 シャンプー、整髪料、リップクリーム、ボディーローション、歯磨き粉、etc

※薬事法に関わる商品の輸入は1品目につき24個まで、使用量の記載にある分量の2ヶ月分までという制限があります。(2ヶ月分ですと稀に輸入制限に引っかかりますので、1ヶ月分程度がオススメです。)眼鏡やマッサージ機のようにたくさんの数が必要ないと思われる商品の場合は1品目につき1個までの制限となります。また使用の用途は個人使用に限り、法人向け(販売目的)の輸入はできません。

「その他の理由」によって輸入が規制されているもの

カテゴリー 備考 商品例
特別輸入禁止ブランド 商標権 コンバース(スニーカー)の製品
メディア 著作権・商標権 victor、hmvなどのCD、DVD、ブルーレイ
一部の電化製品 爆発物 乾電池、リチウムバッテリー内蔵の携帯電話(iPhoneなど)、etc
刃物・銃 銃刀法抵触のおそれ モデルガン、エアガン、小型のナイフ、etc
販売規制品 消費生活用製品安全法 1mWを超えるポータブルレーザー、etc

※その他、アルコールが含まれている香水やアロエが使われている化粧品、可燃性の表示がされている商品など輸入をすることが難しい場合もございます。輸入が可能かどうか分からない場合は事前にお問い合わせください。