ハワイビジネス成功の秘訣はロコのマインド!?

ハワイアンのビジネスは島国特有のビジネス!

ハワイで仕事やビジネスをしている人には伝わる感覚なのですが、日本からハワイにやってきたばかりの方はこの「マインド」にしばらく振り回されることになります。

本日は、ハワイで新しく事業を展開しようと考えている方に、このマインドを理解してビジネスをしていくことがうまくスタートダッシュできるコツだということをお伝えしたいと思います。

まず、ロコのマインドとは?という部分なのですが、ハワイアンの考え方は、私たち日本人はもちろん、アメリカ本土の人ともだいぶ違いかなり独特です。

基本的には、家族が多くて、昔ながらの村社会的な部分が残っています。

日本とも少し似ているかもしれませんが、やはり島国の人なので外部の人間に対しては閉鎖的です。

ですので、多くの人のビジネスはファミリービジネスが多いです。

例えば、ガーリックシュリンプで有名な「ジョバンニ」やワイキキではどこでも見かけるコンビニ「ABCストア」は役員全員が家族で、家族以外の経営陣には、「プロフィットシェア」と言った、売上業績に応じてボーナスを支払うシステムを取っているので、外部から入社した人が役員に昇格することはありません。

なので、まだまだ発展途上にあるようなビジネスもよく見られ、日本人の感覚からすると「これをこうやったらもっと売れるよ!」なんて助言をしたくなるのですが、それを分かった上で乗ってこないのがハワイアンです。

例えばビジネスでの提携を提案しても「うちは家族でできる範囲で儲かったらそれで十分だよ」という欲のない返答がハワイアンの口癖です。

まぁ、これがいいコミュニティを作っているとも思いますが。笑

実際に海外の大手企業がハワイにも支店を出店してすぐに撤退する様子を何度も見てきています。

外部の人間が来て派手に何かをするのを極端に嫌うハワイアンのことを理解していないからです。

ハワイでビジネスをするときは、ハワイというコミュニティの中で共存できる人間であるということを証明することがとても重要です。

ロコのビジネスマインドを理解していないと足元をすくわれる。

次に、実際にビジネスを始めると常に悩まされるのが人材の確保です。

ハワイアンには日本のように会社に所属するという概念があまりなく、愛社精神よりは自分のキャリアアップのために仕事をするので、会社で学ぶことが終わったら次へステップアップするために転職するという流れが一般的です。

ここは最近の日本も一緒かもしれませんが、仕事ができる人ほどビジネスマインドは次の仕事に向かって動いています。

アメリカではいいビジネスアイデアがあれば、誰かしらが投資してくれることが多いので、日本よりビジネスのハードルが低く、国民性的にもベンチャー企業的発想なので、失敗を恐れずにチャレンジするところが、日本人のビジネスマインドとは大きく異なる点です。

会社を大きくするためには、こういう向上心の高い人を採用することがセオリーですが、ハワイで人材を確保する場合は、仕事ができる人ではなく、変化を好まず、ハワイでの生活が好きで、同じ仕事をずっとしたいと考えいている人を採用する方が様々な面から考慮するとおすすめです。

理論ではないのですが、ハワイでは波がいい日にはサーフィンに行ってしまって、仕事に1時間くらい遅れてくるようなほんわかした人材の方が人当たりが良く、コミュニティが広い傾向にあるのでいい話を持って来てくれたりするからです。

もっと具体的なアドバイスが必要な場合は、以下のリンクよりコンサルティングをお申し込みください。

コンサルティングサービス

関連記事

  1. ロコが教えるハワイNo.1のB級グルメ22選!

  2. ハワイでビジネス?成功しやすい事業とは?